個人民事再生の流れ


法律事務所に依頼をするとまず、依頼をした当日または次の日には法律事務所より債権者に受任通知が送付されて以後、取立ては止まり、返済もいったん止まります。次に債権者に取引履歴を開示させ、その情報をもとに上限金利に基づく引き直し計算をし、借金の金額をはっきりさせます。取引履歴が開示されるまでには弁護士が介入するようになったあとひと月から3ヶ月ほど要することがあります。なお、計算の結果、過払い金が生じていれば、債権者に返還を請求することが可能です。

入金このあと、引き直し計算で求めた借金の元本を基準として、返済期間や毎月の返済額などに関する和解案を作り、依頼人のチェックを経て債権者に提示します。この和解案について債権者と法律事務所のあいだで交渉が行なわれ、話がまとまれば和解内容を確認するための合意書を作ります。

合意書の作成後は、和解内容に沿って毎月債権者の指定する口座に分割金を入金します。法律事務所によっては債権者への返済を代わりに行なってくれます。ただ、お金を出すのは依頼人で、法律事務所は債権者への入金の手続きを代行してくれるだけです。和解内容どおりに全額の返済が終われば、民事再生の手続きは終わりということになります。