別の債務整理との違い


債務整理自己破産は認められると借金全額の返済が不要になるのに対し、個人民事再生は借金は大きく減額されるものの全額ではなく、減額後の借金は返していく必要があります。このほか、自己破産では現在価格が20万円の超の財産、ただし現金の場合は東京都で99万円超の現金が処分されてしまいます。一方、個人民事再生では、最低でも保有している財産と同額は返す必要があるものの、財産が処分されることはありません。ただし、たとえばオートローンを完済していない車のように、家以外の財産が処分されてしまうケースはあります。そのほか、自己破産では必要な手続きが終わるまで保険の募集人や警備員などの仕事をすることが制限されますが、個人民事再生の場合はこのような制限を受けることがありません。

任意整理と個人民事再生の違いですが、任意整理では利息制限法上の上限金利まで借金が圧縮されますが、個人民事再生より減額される借金の額は低いのが普通です。このほか、個人民事再生は裁判所を介して法的に借金減額をする方法のため、全債権者を対象とする必要があります。一方、任意整理は裁判所を介することなく行なう私的な債務整理のため、どの債権者の借金を整理するかは債務者が自由に決めることが可能です。