家を残せる債務整理

債務整理といえば自己破産を真っ先に思い浮かべる人が多いでしょうし、自己破産しか借金を整理する手段はないと思っている人もいるでしょう。しかし、債務整理は自己破産以外にも、複数の方法があるのです。その中のひとつが民事再生で、個人だけを対象とした民事再生のことを個人民事再生といいます。個人民事再生はマイホームなどの財産を手放すことなく、大きく減額された借金を数年間かけて分割返済していく債務整理の方法です。手続きを行ない、減額された借金をすべて返し終えれば、返済計画の対象となっていた借金に関しては、基本的には法律上返す義務がなくなることになります。

個人民事再生なお、これは個人民事再生に限った話ではありませんが、債務整理を行なうと信用情報機関に事故情報としてそのことが5~10年間程度にわたり掲載されるため、新規での借入やローンの契約が事実上不可能になってしまいます。よくこのことがデメリットとして取り上げられますが、不必要な借金を作ることの抑止力になるため、メリットととらえる人も少なくありません。

個人民事再生は債務者が自力で申し立てを行なうことができますが、手続きが複雑で専門的な知識が要ります。借金の返済が苦しく個人民事再生について学ぶ時間と手間をかけている余裕もないということで、法律事務所の弁護士に相談・依頼するのが普通で、自力での申立てをしている人は滅多にいないという話です。当サイトでは、個人民事再生とほかの債務整理との違いや、個人民事再生の種類、手続きの流れについて解説していますので、興味のある方はチェックしてみてください。

◇関連サイト◇借金問題相談-弁護士法人アディーレ法律事務所